🌌『パートナーシップ/Partnership』

パートナーシップ / Partnership

共に成長し、共に成果を創り出すー『パートナーシップ』
共通、共有の目的があり、一貫性があり、力づける関わりであり、そこには、尊重と愛が生まれます。
ただただ仲が良い、ということと似て非なるこの関係性には、望んだ方向へ進み、共にビジョンを実現する力強さが存在します。
是非とも身につけたい『パートナーシップ』の在り方。
これは、は無限に広がり可能性の扉を開く『鍵』のような在り方と関わりです。

🔲 分かっているようで分かっていない、『パートナーシップ』とは
これまでの人生の中で、『本当に共に成長し、共に成果を創り出した』と言えるような、そんな人間関係を、いつ頃、誰と、築いただろうか?
ふと、ふりかえってみた時、きっと中でも特別な人たちとの事や思い出に心を打たれるのではないでしょうか。
そして、どうしてその人たちなのでしょうか。その人たちとの関係をそれほど意味のあるものにしたのは、一体何なのでしょうか。
 
人との間で、その関わり合いの中で、共に成長し、成果を創り出す機会をもつことが『パートナーシップ』と言えます。『パートナーシップ』の間柄である時、その姿勢と行動は特別であり、普段以上に可能性を持つことになります。成果を創り出す事や、そのための関わりが、より強いコミットメントによるようになること、自分のブレークスルーに繋がったり、チャレンジを促したり、ビジョンを一層明確に描くようになるなど、自己成長と相手や周囲ともども相乗効果を生み出します。その体験と軌跡が大きく実力にも自負心にもなり、経験や思い出としても心に残ります。『パートナーシップ』は、それが創り出される時に人生の喜びや豊かさの源になるという、ユニークな人間関係であり、人の関わりにおける大事な在り方です。
 
🔲『パートナーシップ』のカギとなる、大事な要素
ピクスタの写真豊かな関係を生み出している『パートナーシップ』をみてみると、そこにはカギと言える共通した要素があります。
第一に、互いに共通した目的をもち、共有と一貫性があるということ。その目的共有が、どのような時も一緒であるという前向きな連帯感が生まれ、ビジョンに向かう絆という結びつきを続けます。そしてまた、互いのコミットメントが相乗的に活かされ、より情熱的で生産的な関係を創り出していきます。
第二に、『力づける』という在り方と行動が存在しています。相手や皆を力づけるということは、『力を与えること』と『より可能にしていく』ということで、相手の力を高める働きかけです。人を力づける、という関わりは決して簡単ではないかもしれません。意味がないとか、余計なお世話、ばかげていると思われたり、うがった見方をされたり、時には威圧や脅威に聞こえたりします。お互いの信頼はどうだろうか、その人が失敗したらどうしよう、また、相手は自分からの力づけに応えてくれないかもしれない、という疑問や不安も湧いてきます。『力づけること=力を与えること』とは、勇気と創造性とコミットメント、そして何よりも「自分の正しさ」を手放すことが必要になります。『可能にする』というのは、自分自身が相手や周囲を成功させようという意図とコミットメントを持ち、それを信じることから始まります。誰もが根本的には可能性を目指したい、肯定的な方へと向かいたいと思っているのだ、と信じていることから起こります。
第三に、『パートナーシップ』は、深い尊敬と愛がなければ存在しないということです。尊敬は、まず相手を受け入れる在り方が前提で、自分が賛成するか否かによらず、相手の見解や思考をまずは受け留め、受け容れること意味します。その見解がどうしても違うとしても、否定ありきでは、その後の発展は生まれなくなるでしょう。まずは、意見や行動以前に『相手の存在そのもの』を認め、肯定することが最優先です。その関わりの在り方が尊重となり、そのベースがあってこその議論なり、活動なりが意味を高めていきます。本当の愛というのは、それぞれの『存在』を完全に受け容れています。そしてそれぞれの価値と活かされるべき個性や特長、有効性を認めます。その人がどのような状態であっても、どのような状態に対しても、深く繊細になるということなのです。
 
🔲『パートナーシップ』は、相互双方向であり、深い交流
ピクスタの写真『パートナーシップ』の在り方、すなわち、相手への尊重、尊敬、愛、といった在り方は、相手にむけての一方ではなく、同時に自己へももたらします。自分自身における学びや改善、寛容さや許容性を広める、人の尊厳を分かるようになるなど、崇高な自己成長も伴っているのです。愛は、弱くて小さい人など誰もいない、無意味な存在など無いということを教えてくれます。本当に愛しているのであれば、自分を正直にさらけ出すことも可能でしょう。また、危機が訪れた時でも決して利己的にはならず、我々にとってどうしたらうまくいくか、という視点と立場に立って臨むことでしょう。そして、相手の本当の成長や幸せの思うほど、言いにくいこと、伝えにくい事でも伝えていくことでしょう。相手がどんなに素晴らしい才能を持ち、重要な存在であるかを相手自身が知る為にも、その可能性へのチャレンジをするように真剣に関わります。逆に言うならば、ピンチになったら離れる関係や、自分の利益ばかりに目を向けているのは、そもそもパートナーシップの在り方ではありません。人は、良好の時は相手にも意識を向けやすいですが、逆風や危機の時にでも同じように関わりあえる関係が、真の『パートナーシップ』です。
 
🔲 初めて会った間柄でも創り出される『パートナーシップ』
ピクスタの写真『パートナーシップ』は、何も以前から親密な間柄でのことではなく、夫婦や親子、恋人同士、直属の上司部下など、直近な関係だから生まれるものものでもないのです。初めてあった人とでも創り出せるのが『パートナーシップ』です。それは、双方の合意や確認があってからイチ、二の、サン!で始まるものではなく、まず誰かからでも『パートナーシップ』の在り方を始めよう、とすることで生まれてくるものなのです。では、相手の方から「そんな関わり」をしてくれるのを待ってから、次に自分が、、、。これでは受け身になってしまいます。
最もお勧めしたいこと、それは先ず自分から。つまり、『私からパートナーシップを始める』ことです。先ず、自分から相手を尊重すること。必ずしも初めから愛とは表現できるほどでなくとも、尊重や認める気持ちから関わり始めることです。少々堅い表現をするならば、真っ先に相手の存在そのものを慮(おもんぱか)り、心から敬う対象としての関わりを、『私から』スタートさせることです。
特にリーダー的立場の方には、率先したパートナーシップの働きかけの姿勢が大変肝要です。
 
 
🔲『講話者 Tさんの不安とパートナーシップ』・・・研修、セミナーも『パートナーシップ』ピクスタの写真
興味深い一例として、研修やセミナーという機会も『パートナーシップ』によって成果が創られていることが挙げられます。
もう随分前の事ですが、私共の顧客先企業に、たまたま私の中学生時代の同級生が在籍していました。彼女(同級生の好でそう呼ばせて頂くとしまして)Tさんは、社内教育や企画を担当している部署のリーダー格の一人でしたが、ある時、大勢の中堅社員が集まる短時間教育の場で講話をすることになった、とのこと。初めは意気揚々であったものの、次第に何かしら不安や戸惑いが高まり、さてどうしたものか?? と考えあぐね、私の所に相談にやってきました。
「とっても光栄なことだと思うの。でもね、私は話も上手ではないし、為(ため)になる話もどうしていいものか。年上の人も居る中で、私の事を皆がどう思うだろうか。何か、うまく話すコツや、イイ話のネタとかはないかなあ・・・。」
要約すると、良く見られるようにいい話がうまくできないか、ということの様子です。スマートにうまくいかせたい、よく見られたいし良く思われたい、失敗したくない、などなど彼女の気持ちは人として痛いほど分かります。まして高品位なブランドアパレルを営む企業ですから、余計に気になるところでしょう。
 
🔲  Tさんの創り出した在り方の変革と『パートナーシップ』
そこで私はまず、こう伝えました。「何よりも先ず、その方々の事を本気で敬ってみることから始めてはどうか。」
Tさんは、キツネにでもつままれた反応です。コツや話し方などのアドバイスを求めてきたわけですから、唖然として当然ですが、元々が真直ぐな気持ちの持ち主である彼女は、その私の最初の提案に「敬う、か。・・・それはどういうことなの?詳しく教えて!」と応じました。初めから自分の「見られ」や「どう思われるか」ばかりを気にしてしまう事で、本来の目的である『集まった方々への貢献』という在り方が後回しになってしまっていること、無意識に「私は前に立ち教える人、皆さんは席について教わる人」という関係性を固めてしまっていること、そして、尊重することや認めることの大事さ、つまり『パートナーシップ』の在り方からの大切さ、多忙な中だが、参集し会社に寄与すべく為になる話を傾聴しようという皆さんの思いに気持ちを向けること、話し手であるTさんのことを少なくとも尊重しているからこそ参加している事実、に目を向けること、などなどを話しました。この尊重の在り方から始めれば、Tさんのことですから、きっと、「どんな話を自分がするか」ではなく、『どんな話を届けることが、皆さんに役立てて頂けるか』に在り方が変わり、その在り方が最高の講話のパフォーマンスをはっきするだろうと思いました。
後日、成功の報を下さいましたが、「講話や教育とか、人前で話すことということは、技術じゃなく気持ち、心なのね。生まれて初めての経験になったわ!」という感想がとても印象的でした。もっともその会社ではトップの方が日頃から心を最重視する率先垂範をされていた風土があり、Tさんの勇気の力強い後押しになったのでしょう。

🔲『パートナーシップ』は無限に広がり可能性を開く在り方と関わり
追記するならば、Tさんの在り方と行いが、当日の参加者方々への寄与を創り出した『パートナーシップ』であったことは勿論、その在り方が会社全体へと善き伝播を起こします。かく言う私も、彼女の一連から改めて人の心の在り方、可能性の素晴らしさを再認識させてもらえたことで、そこにも『パートナーシップ』が生まれています。そしてもし、今、この文章を読んでいる方が何かしらの前向きなヒントや参考になるとしたならば、Tさんの在り方や行いは、形が記述文章になってさえも何らかの可能性を生み出していることと言えるのではないでしょうか。つまり、『パートナーシップ』は、固定され制限された間柄の中でのみ生きるのではなく、無限に広がりうる力を持った、可能性を開く在り方と関わりの行動と言えます。
研修やセミナーも、「教える人と教わる人」のワンウェイ的な関係ではなく、共に考え、共に学ぶ環境の中、最大限の学習効果を得るという成果を『パートナーシップ』によって創り出す機会なのです。
 
🔲 実践によって育まれる『パートナーシップ』
『パートナーシップ』は、知識としての理解では成り立ちません。理想の関係とはこういう事、という知識理解が出来るだけではなく、現実での実践、すなわち実際の生活や人間関係で行動に移して初めて成り立ちます。何故なら、そこには気持ちや心がこもり、感情を伴ったやりとりを踏まえての実践でこそ、実在する成果を創り出すこと、実際にビジョンを実現させる『パートナーシップ』が生まれるからです。実践するということは、何をするか、という行動名目以前に、その在り方から関わることで、『パートナーシップ』を生きることです。もっとも人間関係、人と関わるということは、喜怒哀楽のやりとりでもあり、必ずしも良好、友好的とは言えません。不安や焦燥にかられてしまったり、時には心に傷を感じてしまう事もあります。しかしながら、日々の人間関係で一つ一つ繊細に大切に向き合いながら、この『パートナーシップの在り方と関わり』を継続していくことが、これらをますます学び深めていくことになり、『夢・目標の達成やビジョンを現実化する』ことへと近づけてくれるのです。
そのためにも、まずは自分自身の中に必ずある、心の温かさ、やわらかさを信頼してみることから始めてはいかがでしょうか。
 
 

PAGE TOP