MAEKIESについて

MAEKIESについて

" Go for it ! . . It's possible ! "

" 思い切りやってみよう、できる!"
人の成長、組織の活性、成功、ビジョンの実現、その可能性へ。

 

MAEKIESは、企業・組織、各種団体、また、一個人に於ける、人と組織の活性や効果性の向上、目標達成やビジョンの実現に向けて、多彩なお手伝い(サポート)を生業としています。
洋の東西や規模の大小を問わず様々な企業をはじめ、非営利組織、公の団体、個人商店等々、また個人向けとしては、若い方からご年配の方々まで、
恋愛や結婚、家庭、子育て、将来展望が関わる夢や目標、快活な自分自身、身近な対人関係等々、一個人方々のもつ多様な目的テーマに応じています。
最も大切で重要なことは『真の希望や願いを深く理解し、達成のお手伝いを全力ですること』とし、愚直なるも真直ぐな関わりと取組みを旨に、
その都度、その各々の課題ごとに、『人の活性と人間関係視点』を中心とした適切な対応を熟考し、コンサルティング、トレーニング、カウンセリング、
状況に見合ったセミナーの実施、分析、コーチングやアドバイシング、面談や相談対応等のスタイルを用いて取り組んでおります。
お陰様で1991年の創業より数多くのご依頼を賜り、27周年を迎えています。

独自のMAEKIESメソッド(人と組織の活性プログラム)

創業以来25年を超え数々の実践や研究で培ったノウハウを、独自のMAEKIESメソッド(人と組織の活性プログラム)として体系化し、コンサルテーションやセミナー、カウンセリングなど様々な取組みに活かしています。ご相談の一つ一つに合った、ほぼオーダーメイドのカリキュラムにより、ビジネス向けでは業種も業態も事業規模も資本形態も様々、個人向けでは老若男女問わず、テーマも様々、あらゆるご相談に対応しています。
目的に沿い目標を達していく主旨のカリキュラムは、単に「良い勉強事」に留まらず、現実的な実践と結果をもたらすことを意図しています。単に知識習得だけなら、現代では書籍やインターネット上で多くの情報が溢れ簡単に手にできます。しかし「知ること、分かること」は多くの場合、「分かっている」だけで止まり足踏みし実行に移されにくいもの、成果に至ることも難しいのが現実です。せっかくの知識やハウツーですから、存分に発揮される意識を育み、実行に移し、望ましい成果へと活かしてこそ、業績での達成や実生活での満足感が得られます。MAEKIESでは、『企業や個人に達成や変化などプラスが起きてこそ、本当の学び』を目指しています。
『ご依頼ご相談の9割以上が御紹介によるもの』という実績も、長年多岐にわたる活性や効果性ラーニング分野の研究と指導サービスの成果と自負しております。

意識、知識、ハウツー、多様性あふれたラーニング

人の感性や在り方などの“意識面”と、効果性の高い“技術面(ハウツー)”の総合修得が特長で、形も単に一方通行な勉強形式ではなく、実習やゲーム形式、ディスカッション形式をふんだんに取り入れた大変ユニークで参加しやすい参加型カリキュラムです。
この主な手法は、1980年代に欧米から日本への伝来が始まりましたが、MAEKIESは、時の日米欧の第一人者の方々に師事した経験に始まり、数多くの理論や概念、技術、手法、実習プラン等、カリキュラムの日本導入と実施の実務を担当・歴任し、以来、様々な研究や情報精査の上に実践的な活動を重ねて参りました。
 
あらゆる分野での革新が目覚ましい現在に於いて、新しいビジネスコンサルテーションと参加型トレーニング、多様性あふれたパーソナルラーニング(個性と特長・長所の尊重と発揮を重視)として構築形成し、社会への提供をしています。
“人”や“人が関わること”のあらゆる全てについて、企業や団体に於ける組織活性、問題解決、意識とスキルの研修セミナー、一個人の魅力や可能性への応援、アドバイス、コーチング、各種パーソナルトレーニングや相談ごとなど、あらゆる分野でのサポートを行うオフィスです。
 
『温故知新を生きる』
ピクスタの写真MAEKIESの概念と理論の基礎となる前身時代から、設立以来の約30年に至る今日までに於いて、日米中での人材開発分野の多くの専門家のご協力ご教示を頂き、時代を鑑みた先進的なプログラムを開発してきました。この年月の間、私たちを取り巻く社会環境は急激に進化を遂げています。Eメールも携帯電話も普及されていない時代、セールスマンの報連相では公衆電話の存在あり、重い鞄にどっさりの資料、顧客へのアプローチにはサンキュレターが用いられ、職場では立ち話や声を掛け合いが盛んでした。現代はコミュニケーションも資料もスマートフォンやタブレットが主役の時代、あらゆるもの、あらゆることが変化しています。しかしながら唯一、『人』は相変わらず『人』です。仕事の手段は変わっても、仕事に取り組む人の気持ちや心は変わりません。いつまでも充実感を得、やり甲斐を感じながら、期待に応えていきたいものです。手段が進化したなら、それを取り扱う『人』の姿勢がより一層問われる事でしょう。とりわけ人の意識や心、気持ちといった、機械では推し量れないところはまだまだ繊細に大切に大事にされたいものです。
温故知新の如くと申しましょうか、MAEKIESは、時代の進化と共に学ぶ必要のある先進的なことと、いつまでも変わらず大切にしたいこと、その両方を大事なこととした理念によるプログラムを提供し続けております。

PAGE TOP